カードローンと消費者金融の審査の比較

キャッシングベスト3

審査が甘いのはカードローンと消費者金融のどっち?

審査が甘いのは消費者金融とカードローンのどっちですか?現在26歳のサラリーマンです。借り入れはどちらも初めてで過去に金融関連でトラブルを起こしたことはありません。借り入れの希望額は30万円です。返済は1ヶ月か2ヶ月ぐらいにしたいと思っています。どっちを利用するのがいいですか?

短期の借入の場合は消費者金融を利用したほうが便利です

借り入れ希望金額が100万円を超えず、借入期間も半年以下の場合は、大抵の場合消費者金融を利用したほうが利便性の点から有利になることが多いです。小さな借り入れの場合、金利よりも、何度も借入れと返済を繰り返して利用することが多くなるので、こまめにアクセスできるかどうかのほうが重要になってきます。

また、消費者金融とカードローンを比較しようとしていたようですが、この二つは比較するものではありません。消費者金融は、金融機関の一つであり、カードローンは、金融商品の一種です。そのため、消費者金融がカードローンという商品を扱っているのであって、消費者金融と比較されるべき対象は、同じ金融商品をとり扱っている銀行や信用金庫になります。消費者金融の利用客層で一番多いとされているのも、こうした数ヶ月単位の小さな借り入れです。これが最も消費者金融と相性のいい借入方法でもあるためです。30万円を1ヶ月で借りるとなると、返済の際に家計にかなりの負担がかかるかと思います。無理のない返済をするのが重要なので、強引に短期間で完済しようとはせず、家計の無理が出ないように計画的に返済するという方法をとるのも一つの選択です

カードローンのなかで審査が甘いのはどこか

現代において必要不可欠なものとはどういったものでしょうか。身体の70パーセントは水分でできているとのことなので水は必要です。また、身体の栄養素を補給するためにも、肉や野菜などの食料も必要です。そのほか、裸で居られないので衣服も必要ですし、雨風を防ぐために住居も必要です。これらに加えて、もうひとつ大事なものがあります。それはお金です。

人間の社会生活は貨幣制度の中にあります。貨幣制度というのは、物と交換できる価値の尺度をお金とし、物品に値段をつけて、それと同等のお金を支払えば物品を手に入れることができるというものです。人間の必要とされる物の多くには値段が付いています。その必要な物を得るためにはお金という物が必要となってくるのです。

お金を得るためにはどうすればいいのでしょうか。例えば、誰かから何かを作ることを依頼され、その代金としてお金をいただくということでお金を得ることができます。また、経営者と従業員になるという契約を交わせば、給料としてお金を得ることもできます。こういった例は、お金を稼ぐということです。お金を得る手段は、稼ぐことだけではありません。一時的にではありますが、お金を借りるということによっても、お金を得ることもできるのです。

お金を借りるということで思い浮かぶのが、ローンです。銀行や消費者金融などからカードローンなどによってお金を借りるというのは、現代においてポピュラーな方法です。ローンはひとつの契約です。大抵の場合、お金を借りた後は、借りたお金と金利の分を付け足して借主に返還する必要があるようです。

ローンで初めてお金を借りる際には、必ず審査が必要になります。これは、貸し付ける側が貸す側に対してお金を借りた後、支払うことができる状態にあるかどうかを視るためのものです。審査の基準は借主によってさまざまで、厳しいところから甘いところまであるようです。借りる側にとってはできるだけ審査が甘いほうがいいというのが本音でしょう。では、審査が甘いのはどういったところでしょうか。大手銀行系は、積極的に貸し付けを行っているようです。こういったところは、大抵消費者金融と提携していて、銀行側の業務は貸し付けるお客を求めることに集中しているために、審査も甘くなりがちなようです。これらが、手持ちが無いいざというときには、頼みになるカードローンの実態です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.