カードローン審査に怪我は影響するのか

キャッシングベスト3

カードローン審査に怪我は影響するのでしょうか

収入が減ってしまったためカードローン利用を検討しています。ただ、収入が減った要因が怪我による休職なんです。

この場合、やはりカードローン審査は不利になるのでしょうか。それとも特に影響なくカードローンを利用することが出来るのでしょうか。休職という今も傷病手当金があるので収入はあります。
(⇒仕事をしていないとやはり厳しい?

カードローン審査では収入有無のチェックが行われます

カードローンを申し込むにあたって収入というのはかなり重要なファクターを占めています。収入がある人でなければ利用することが出来ない、これが基本にある貯めですね。収入があって初めて返済能力があるという判断になるためなのですから、もし怪我が原因で収入がゼロになってしまった、その場合はカードローンを申し込んでとしても審査に通るのはかなり難しいと言えます。一時的だとは言っても収入が無い状態なのですからね。もちろん年収だけを記してそれで審査に通過することもあり得なくはないですが、直近3か月分の収入証明書の提出を求められたら厳しくなってきます。

ただし、収入がゼロではないのであれば利用できる可能性は残っています。収入が減ってしまった分、利用可能な金額というのも低くなってしまうかと思いますがそれは仕方ありません。ただ、利用可能な金額はずっとそのままではなく、自分の信頼度が高まることで挙げていくことが出来るものです。信頼度が高まる、つまり返済能力があるということを認めてもらうという事になりますが、これには毎月の返済がしっかり行われていることが重要です。特に問題なく継続的な利用がされているということは、返済能力があることを示すことになり明日ので、もし利用出来るようになったら継続的に利用して、ちゃんと返済できるという事を示すようにしておきましょう。

審査が迅速で怪我など万が一の時に役立つカードローンのあれこれ

カードローンとは、万が一の時にとても役に立つサービスです。

カードローンは、自動車ローンや教育ローン、住宅ローンなどの目的ローンとは異なり、目的が限定されていないため、どんな目的に使用しても構わないローンです。また、比較的迅速に審査が行われ、融資までの手続きも簡単に済ますことができるので、手軽に利用できることも特長と言えるでしょう。

病気や怪我など、予期せぬことが起こってしまった場合など、すぐにお金が必要になった場合は、インターネットを利用して自動審査も可能です。自宅に居ながら、利用限度額を調べることができるので、大変便利です。

審査は、過去と現在の借入状況を見て判断されることがほとんどです。現在、多くの会社からお金を借りていたり、過去に返済トラブルを起こしていたという場合には、審査に影響する恐れがありますが、そうでない場合は、特別に身構える必要は全くありません。

申し込みの際には、身分証明書や所得を証明するものの提出が必要となります。給与所得者の場合、源泉徴収票などが必要となる場合もあります。源泉徴収票は、会社から必ずもらえるものですが、もし、なくしてしまった場合には、会社から再発行してもらうこともできます。場合によっては、申し込み完了後、即日借り入れも可能です。また、誰にも知られずにカードローンを利用することももちろんできますので、ご安心下さい。

返済方法は、ATM、振込、口座振替の中から好きな方法を選択できます。自分のライフスタイルに合った方法で、無理なく返済することができるのです。このように、カードローンは、申し込みから借り入れ、返済に至るまで、手軽に、なおかつスピーディーに行える大変便利なサービスです。万が一の際には、一人で悩まず、まずはカードローンの利用を検討するのが良いでしょう。ただし、利用する前に無理のない返済計画をしっかりとたて、くれぐれもご利用は計画的にお願いします。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.