ブラックOKのカードローンは避けるべきか

キャッシングベスト3

ブラックOKのカードローンは普通の人は避けたほうがいいのか

中小の消費者金融の中には、ブラックOKと書かれた宣伝がある場所があります。ブラックというのは、過去に金融でトラブルを起こしたことがある人だというのはだいたい知っています。その人でも借りることが出来る消費者金融は、なんだか闇金のような危険性が高そうで怖いです。ブラックでない場合は、こういったブラックOKと書かれている消費者金融は避けたほうがいいんですか?
(⇒消費者金融毎に融資の特徴は異なる

ブラックOKでも借入の際の問題はありません

消費者金融によっては、ブラックOKという宣伝をしています、これは過去にブラックリスト(消費者金融などの借入で過去に返済で問題を起こした場合に登録されます)に登録された人、あるいは現在も登録されている人にもお金を貸すことができるということを表しています。通常、このブラックリストに載っているとほとんどの借り入れができなくなります。そうした人にも貸しているという分、金利や審査で利用者にとって負担になるケースがあります。

通常の人がこうしたブラックOKの消費者金融を利用することは問題ありません。しかし、基本的にこのような消費者金融の主な契約者のターゲットは、ブラックになっている人なので、通常の消費者金融に比べて、借入金額が低かったり、金利が高かったりして、利用者にとってはあまりメリットはありません。
(⇒金利の問題と言えば

ブラックOKの消費者金融が闇金の可能性があることについては、全く関係ありません。一見健全そうな消費者金融であっても実は闇金だったということも数多くあります。

ブラックでも借りられる?ブラックOKのカードローン

どこのカードローンに申し込もうかネット検索していると、「ブラックOK」の文字を見かけることがあります。

ブラックとはいわゆる個人信用情報機関に登録された事故情報のことで、返済の滞納や延滞、多重申込み、債務整理を行った債務者の過失の記録です。借入を行うには債務者の信用が第一に求められる条件なので、過去に返済の過失を犯しており事故情報を抱えている人は一般的にはカードローンの審査に通過しにくくなるというデメリットがあります。そこで、ブラックOKとは、このような事故情報を抱えていて他の金融会社の審査に通過できない人にも融資しますよという意味があるのです。ブラックの方にとってはこんなありがたい話はありませんよね。

でも、よく考えてみましょう。そもそもカードローンとは、お金を貸す融資商品です。先述したように融資には信用が第一であり、貸したお金は返してもらわなくてはなりませんので、返済リスクを減らすためには金融会社は返済能力がある人にしか融資を行わないのが基本です。しかしブラックであるということは過去に何かしらの返済トラブルを起こしている人であるため、返済能力という点では信用できる人ではないと判断されてしまうでしょう。それを踏まえて考えると、ブラックOKは正規の金融会社ではあり得ないことなのです。(参考ページはこちら→安全な金融業者との違いとは

ということは、つまり、それは闇金であるということが言えるでしょう。闇金業者はご存知の方も多いですね。法外な金利で貸付を行い、執拗な取り立てで迫る悪質な違法貸金業者のことです。闇金業者との契約自体が違法なので法律上は無効にでき、返済をする義務もありませんが、取り立てのことを考えると、じゃあ返済しないというわけにもいきません。被害に合ったら弁護士又は警察が出る事態となりますので利用するのは大変危険です。そのため、カードローンを申し込むにあたって、利用する金融会社の甘い誘い文句には乗らないということが大切です。

【参考ページ】
カードローン審査利用に潜む危険性についても認識しよう

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.