銀行カードローンに通るためにはどうしたらいいですか?

生活費が足りず、カードローンを申し込もうと考えています。できれば信用できる銀行のカードローンがいいのですが、銀行のカードローンって審査が厳しいんですよね。銀行のカードローン審査に通るためにはどうすればいいのでしょうか。何か注意点などありますか。

審査基準を知ることでしょうか

カードローンを申し込むなら銀行と考えている人は少なくありません。やはり消費者金融に比べると安全だと考える人が多いようです。でも実は現在では消費者金融が危険ということはないのです。法律が厳しくなって借りる方も貸す方もいろいろ制限されるようになったのできちんとルールを守っていればトラブルに巻きこまれることもありません。それでもやはり信用できる銀行を選ぶ人が多いのです。銀行のカードローンの審査は厳しいと言われていますが、最近では銀行と消費者金融が提携することも多く、カードローンの審査自体はそこまで厳しくないと思いますよ。

カードローンの審査に通るためにはまず審査基準をよく知ることです。カードローン審査ではおもに年収、勤務先、勤続年数、過去の借入歴をチェックします。総量規制に基づくと借入限度額は年収の1/3までと決められています。しかし、だからといって年収が低いから審査に通らないということはありません。年収が低い場合は審査に通っても借入額が少なくなります。勤務先ですがもちろん大手や公務員は審査に通りやすいです。いい職場は離職率が低いですから、安定した収入を得て、きちんと返済してくれるというメリットがあります

しかし、ここでも中小企業だからといって審査に落とされるということはないですし、またアルバイトやパートでも借入可能とうたっているところは多いです。審査の中で最も重要なのが過去の借入歴です。過去にカードローンを借りていてもきちんと返済していれば問題がありません。しかし、返済が遅れたり、滞ったり、自己破産や任意整理などもってのほかです。過去に返済トラブルがあれば高い確率で借入できない可能性があります。

以上のことを踏まえてチェックして欲しいのは自分の過去の借入歴です。もし初めてカードローンを利用するのなら気にしなくてもいいですが、過去の借入歴に問題がありそうだと感じたら自分の信用情報を確認しましょう。信用会社に問い合わせれば自分の信用情報を知ることができます。もしそこで問題があるようなら申し込みを延期した方がいい場合もあります。むやみに申し込むと申込ブラックという状況になりかねませんのでまずは自分が借入できるのか否かある程度目星を付けてから申し込むといいでしょう。

銀行カードローンに通るために最適な方法とは

お金を借りようと考えた事がある方は、少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。大きな買い物などをする際には、全てのお金を一括で支払うのは、難しい場合もあるでしょう。そのような場合には、カードローンなどの利用が良い場合もあります。例えば、車や住宅の購入などにおいては、利用する機会もあるでしょう。このようなサービスを利用する事で、生活も豊かになる場合があるので、非常に良いサービスと言えるのではないでしょうか。(参考ページはこちら→カードローンの主な使い道とは

ではこのようなサービスを、大きな買い物以外でも利用しようと、考える方はいらっしゃらないのでしょうか。最近では、インターネットの普及により、ネットショップなどで買い物をする機会がある方も増えている事でしょう。そう言った場合に、クレジットカードなどの利用を行うと、決済が楽に済む場合もあるので、そう言った面でも利用する事もあるでしょう。しかし、現金などを利用するわけではないので、利用用途は限られてくる場合もあります。

そこで便利なサービスにキャッシングなどがあります。キャッシングは、現金を借りて、利用する事ができるので、利用用途が自由で非常に便利です。ですので、多少のお金が足りない時など、あるいは急な出費などの場合には、有効なサービスと言えるでしょう。しかし、問題なのは金利などの面です。できれば、金利の低い所で借りたいのではないでしょうか。

そこで金利の低い所を考えた場合に、一般的に言われるのが、銀行カードローンなどではないでしょうか。銀行は金利が低い場合もありますので、できれば利用したいサービスでしょう。しかし審査などに通るのかと言う不安もあるでしょう。そう言った場合に通りやすい場合があるのは、給与振込口座のある銀行などがあります。このような働いている証明と給与が入ると言った状況は、信頼性も高くなる場合もあります。

ですので、このような口座で申し込みを行えば、金利の面でも安心なサービスを利用できる可能性もあるでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.