カードローンで審査に通りやすい人って

キャッシングベスト3

カードローンで審査に通りやすい人はどういう人でしょうか

カードローンで審査に通りやすい人っていますか。どういう条件だと通りやすいのかが知りたいです。

申し込みをして審査に落ちるって嫌なので、自分も審査に通りやすい条件になればいいなって思ってます。

カードローン審査では信用できる人が有利!

カードローン審査というのは信用できる人が有利で通りやすいようになっています。不安がある人に対してお金を貸したいと思う人はいないですよね。必ず利息含めた返済をしっかりしてくれる、そういう人に対して貸したいと思うわけです。ですから、信用できる人が通りやすい、それだけなんですね。

ではどういう人が信用できるのかが知りたいかと思います。まずは年収が安定している人、安定した会社・業界に勤めている人ですね。年収が高くても業界が不安定であれば多少の不安感が出てきます。あとは、信用情報に問題が無いという事が重要です。信用情報には借金情報だけじゃなくてクレジットカードの利用情報も載っています。クレジットカードは利用すれば支払いをすることになりますが、その支払いが遅れる、引き落としできなかった、そんな記録が残っていれば審査では不利になってしまいます。クレジットカードの利用や借金をした過去があるだけでは不利になりませんが、その支払い、返済に問題があれば不安要素がある、信用できない、という判断になってしまうのです。
(⇒仕事次第で融資が受けられるかどうかは大きく変わります

カードローンの審査に通りたければ、自分の年収の安定と信用情報のキレイさが鍵となります。すでに登録されている信用情報を変更するという事は難しいので、多少の問題が登録されている様であればそれが削除されるのを待つと良いでしょう。信用情報への登録情報は永遠残るわけではなく、カードの申し込み情報であれば半年、支払いや返済情報については3年から5年の登録です。審査に落ちる可能性を少しでも減らしたいのなら、信用情報がきれいになってから申し込みをする、ということも出来ますよ。

カードローンの審査が通りやすい会社はあるのか?

カードローン申し込みの際に必ず審査があります。そこで疑問が出るのが審査に通りやすい会社ってあるの?です。

一般的に審査が通りやすいと言われているのは大手金融会社の消費者金融とよばれる会社のカードローンです。理由は、独自の会社の規定での融資の有無になるのでその会社によって基準値が低ければ通りやすいです。ただ、消費者金融の場合は、金利が高いのも一つの要因といえます。金利を高く設定しても借りる人が多ければその分、金融会社の利益になるので基準は緩いです。

一般消費者金融が緩いといっても多重債務者や過去に事故(他社での借金踏み倒しなど)がある人、返済遅延がある人は基本的に信用機関にその情報が載っている段階ではすぐにわかってしまうので通らない可能性が高いです。信用機関には3~5年は残ります。なので返済の遅延などがなく事故が無い人は問題ないです。(参考ページはこちら→信用情報に問題があるのかどうかを調べる

逆に通りにくいで有名なのは銀行系カードローンです。パートや専業主婦でも融資可能な銀行もありますが審査が厳しいので高い確率で審査が通りにくいです。銀行系のカードローンは金利が一般金融会社に比べてとても低いので厳しくなるのも仕方ないです。利益が少ない上に返済が滞るような人をたくさん通してしまうと利益がないままで終わってします可能性もあるからです。

ただし、いくら厳しくないという一般消費者金融でも借りたいだけ借りられるわけではないです。総量規制という法律が一般消費者金融は適応されているので年収の3分1以上の借入は不可能です。反対に銀行系は厳しいけど総量規制対象にはならないので年収の3分の1以上の借入も可能になっています。

消費者金融でも銀行系でも共通していえるカードローンに通りやすい人は年収の他には年齢、性別、勤続年数、勤務形態、独身既婚、こどもの有無、住居形態、住居年数が関係してきます。このスコアは会社によって違うので既婚者だからふりとか若いから不利などはないです。その会社の特徴(パートアルバイト可能や専業主婦でも大丈夫など)にあったところに申し込みをすると考慮してくれる場合もあります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.