カードローン会社が審査を緩くする理由

キャッシングベスト3

カードローンで審査の甘い所はどうしてわざとリスクを背負うの?

カードローンの中でも、わざわざ審査を緩くして審査を甘くするというのは、それだけ契約者の受け入れを広くすることでもあると同時に、カードローン会社にとっては、リスクをより多く抱え込むことになることだと思います。多少金利を高くしているようですが、私にはそれでも審査を緩くするメリットに見合っているとは思えません。なぜ、多くのカードローン会社は、わざと審査を甘く設定するんですか?

利益を減らしてでも顧客をより多く確保するためです

消費者金融業界は、過去に比べて非常に激戦状態になっています。それは、消費者金融の数の多さとともに、各金融機関がカードローンなどの事業を一気に展開したためです。そうした中で、最も強いのは、知名度と資金力がある大手消費者金融です。そして、それと対を成すのが、大手の銀行です。この二つは、顧客を獲得するということにかけて、圧倒的なアドバンテージを持っています。中小の消費者金融は、大手と同じ手法を取っていたら負けてしまうのです。そこで考えられたのが、違う客層をターゲットにして差別化を図る方法です。
(⇒金融業者には予想以上に多くの種類があります

中小のカードローン会社の多くは、審査がほとんどないといっていいぐらいの甘さにしています。これは、リスクを冒してでも多くの客層を受け入れるための苦肉の策でもあるのです。中小の消費者金融だって、本音としては、より安定して返済をしてくれる顧客を取りたいと考えています。しかしそういった客層は、金利が低い消費者金融が銀行を進んで選択する傾向があり、大手と同じ金利にすれば、資金力の差で負けてしまう中小消費者金融は、あえてその客層を捨て、大手で借りることが返済能力的に厳しい人をターゲットにしたのです。

知っておくべき銀行系カードローンの審査の甘い所とは?

銀行系カードローンの申し込みの審査に不安がある方もいると思いますが、審査の甘い所を選びたくなるのが人間の心理です。審査の甘いカードローン会社を探すにはどのようにすればいいのでしょうか、ポイントを解説します。

まずは情報収集が必要です。銀行系カードローン会社というと審査が厳しいと思われていますが、具体的な審査基準の内容は会社ごとに異なります。銀行系と言えども比較的審査が甘めな会社も無いわけではないので、銀行系というだけで敬遠せずに、まずは広く情報を集めて検討してみることをおすすめします。

次に金利を比較してみることです。いくら審査が甘くても金利が高いと返済に苦労します。申し込み前に、複数の候補をリストアップして金利について比較検討してみることが大事です。それでは実際の比較です。
(⇒低金利は融資を選ぶ際に重要なポイントです

1つ目は三菱東京UFJ銀行です。三菱東京UFJにはバンクイックというものがあり、インターネットを利用することで、365日24時間の申し込み受付が可能、最短30分で審査と審査結果の回答が得られます。また、金利は年4.6%~年14.6%で、利用限度額は最高500万円に設定されています。契約の際の入会金・年会費も無料となっています。

2つ目は東京スター銀行です。スターカードローンは審査に通りにくいと言われているパート・アルバイト・派遣社員の人でも申し込みが可能で、金利は年4.5%~年14.6%に設定されています。利用限度額は最大500万円です。審査結果は最短で即日回答が得られ、スターワン口座を持っている場合には即日融資も可能です。

3つ目はオリックス銀行です。オリックス銀行には利用可能なATMが日本全国7,800台設置されており、ATM利用手数料が終日無料です。上記3つは審査が甘い・通り安いと言われていますが、事前のチェックをしっかり行い自分に合ったカードローンを探してみましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.