カードローンの審査で、在籍確認を控えてほしいのですが

カードローンの審査を考えていますが、出来れば職場への在籍確認を控えて欲しいのです。職務上、個人名での電話が来る事は少ないので、私が融資を受けようとしている事がバレてしまうからです。在籍確認は審査上、どうしても必要なのでしょうか?

備考欄があれば、「勤務先への在籍確認NG」と書いておきましょう

このようなご時勢ですので、個人情報の漏洩に対してはどこも敏感です。基本的に勤務先への在籍確認は極めてオブラートなものになっており、例えば昔なら「私、○○○(金融機関名)の○○と申しますが、そちらに○○様は居られますか?」だったのが、今は「私、○○と申しますが、○○様は居られますか?」と変化しています。在籍確認を担当するオペレーターが、あなたの勤務先に身元を明かすことはありません。

しかし、どうしても在籍確認を控えて欲しいと仰る方も、未だ後を絶たないのが現状です。その場合は、「勤務先への在籍確認NG」と備考欄に書き添えておきましょう。その金融機関が書類での在籍確認に対応してさえいれば、在籍確認の電話を回避できます。

ですが、反対に金融機関への提出書類は増えてしまいますので、一長一短、ケース・バイ・ケースという訳ですね。また、金融機関によっては、融資可能額を引き下げられる可能性も御座います。そうまでして在籍確認を避けるくらいなら、いっその事、勤務先の方打ち明け、対応をお願いした方が誠実かもしれません。

【参考ページ】
融資の在籍確認の仕組みについて

カードローンの審査で在籍確認は大事ですが、身構える必要はない

カードローンの審査では必要になる事柄が幾つかありますが、その中の一つが在籍確認です。中身としては、申込み人が申告した職場に本当にいるかどうかを確認するものです。免許証などの提出はスムーズに行っても、この在籍確認に関しては二の足を踏む人がいます。

というのも、消費者金融から自分の職場に電話に掛かってくるのですから、もし他人が電話に出て、消費者金融へ借り入れを申し込んでいるということがバレたら、会社での立場がなくなると考えるからです。しかし、そのようなことはありません。ところで、何故そのようなことを行わなければならないのかですが、まれに虚偽の申告を行うものがいるからです。(参考ページはこちら→融資審査で嘘をつくとどうなるのか

有名な会社名を書いた方が心象が良くなるかもしれないと考えて実際には勤めていない会社名を書いたり、既に退職しているのにまだ勤めているように振舞っていたりする人がいるからです。貸し手側としては、貸したお金はきちんと返してもらわなければなりません。申込の条件の一つとして、安定した収入があることが挙げられますが、まさに仕事をしていなければ収入はありません。ですから、本当に仕事をしているかどうかの確認をしなければいけないのです。それに、虚偽の申告をする人を信用できるでしょうか。虚偽であればこの時点で審査は終了です。
(⇒本当に勤めている会社によって審査内容は変わるのか?

では、実際の在籍確認ですが、特に神経質になる必要はありません。電話が掛かってくるといっても、消費者金融からであることは伏せて、身内や友人のようなフリをして掛かってくるだけです。もし消費者金融であることをばらしてしまえば、その人の社内での立場が悪くなり、お金を借りてくれなくなるということぐらいは消費者金融側も理解しており、手馴れたものです。ですから、本人が不在でも、社内の他の誰かが出て本人が不在であることが確認できればそれでOKですし、もし本人がいれば住所氏名など簡単な確認を行ってそれで終了です。ちなみに、これは正社員のみならず、アルバイトや派遣社員などすべてに該当します。本当に簡単な確認なので、身構える必要はまったくないのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.