カードローンの審査で会社に連絡される?

キャッシングベスト3

カードローンの審査で会社に連絡が行くって本当ですか?

カードローンを申し込んだら会社に連絡があるって本当ですか。会社にカードローンを申し込んだことが知られてしまうのは嫌なんですが避けられないんでしょうか。

もしそれが避けられないならカードローンを使っている人は少なくないと思うんでですが、みんな会社への連絡を許しているっていう事になりますよね。

カードローン利用には在籍確認の必要がある!

カードローンを申し込んだら審査を受けるっていう事は知っているはずです。審査に通らないと契約できない、つまりカードローンは利用できません。この審査の過程の1つとして在籍確認があります。在籍確認は、勤め先に電話をして申し込んだ本人が本当に働いているのかどうかをチェックするというものです。勤め先の嘘記載があればここで判明しますし、嘘をついてしまったことが分かれば当然審査に通ることは出来ません。

在籍確認は勤め先をチェックするために必ず受けなければいけないものです。おっしゃる通り、カードローンを利用しているほぼすべての人はこの在籍確認をクリアしていると言えます。ただ、稀にですが在籍確認不要というカードローン会社もあるんですね。その場合は在籍確認を受けることなく、その他の審査、例えば個人信用情報のチェックなどのみで利用可否を決めることが出来るんです。(参考ページはこちら→個人信用情報って何?

ですが、在籍確認というのはカードローン会社が自分の社名を名乗ってカードローンの利用について、審査について、など述べることはありません。ただ担当者名で電話をしてきて、申し込み者がいればOK、席を外していても在籍していることが分かればOKなんです。かけなおしてくることもありません。得に不安がることは無いでしょうが、どうしても嫌だという事なら相談してみましょう。相談の結果、在籍確認を受けなければいけなくなっても、日時などの指定が出来る場合もありますよ。

【参考ページ】
カードローン審査での在籍確認について分かりやすい解説はこちら

「カードローンに申込むと審査で会社に連絡される」は本当か

「カードローンを利用すると審査で会社に連絡されちゃう」と考えている人がいますが、これに関して言えば「半分正しく半分間違っている」ということが出来ます。これを説明するためにはカードローンのしくみから説明する必要があります。

カードローンというのは、カードを使ってお金を引き出せるようになるシステムのことで、お金が借りれるサービスだというのが最も簡単な説明です。しかし、いつでもすぐに利用できるのではなく、返済できるかどうかを審査によって判断される事になります。

申し込むときに審査が行われるのではなく、提出した書類や口頭で伝えた情報などを元にチェックされるため、実際に自分がなにか質問されたり、プライベートなことまで説明しなければならないということはまず間違いなくありえないのです。

そもそもカードローンを申し込むときには、定職に就いていなければ借りることが難しいのです。定職にさえ就いていれば毎月の給料や賞与などを返済に当てることが出来ます。しかしこうした収入がないと、返済のあてがないため、貸すことに対しても大きなリスクを伴うわけです。

そこで審査の際には「会社に勤務しているかどうか」が確認されるわけです。その方法は会社への電話連絡が一般的なので「会社に連絡される」という点では正しいといえるわけです。しかしこの電話では“ローンを利用している”と言った趣旨の情報を口にすることはありません。

実はこのようなお金を貸すサービスというのは“貸金業法”という法律によって規則が定められています。その規則の中に「第三者に借り主の情報を伝えたてはならない」という決め事があるのです。

つまり、たとえ会社に勤務している実態を確認するためであっても、カードローンを利用しようとしていることを第三者に伝えることは法に触れる行為になるのです。ですから友人や身内を装って連絡するので、勤務先や同僚に知られることは絶対に有り得ないのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.