カードローン審査で勤務先連絡は必ず来る?

キャッシングベスト3

カードローンの審査で勤務先への連絡は必ず来ますか?

カードローンの審査で在職確認というのが有ると思うのですが、この在籍確認は必ず会社に来るものなのでしょうか?会社員をやっているのですが、お金が必要になり、キャッシングローンと契約しようかと考えています。現在収入は400万程有り、車のローンが後30万円程残っているんですが、消費者金融系の仮審査を数社やってみたら通りそうなのですが、あまりカードローンをする事を会社に知られたくありません。消費者金融系の在職確認はどういった形になっているのでしょうか?会社に必ず来るのか?また、在職確認無しの所があれば教えてください。

在職確認の連絡は会社へ必ず来ますが、無しの所も有ります

職業・在職期間というのは審査項目の中でも最重要項目の一つです。ですので何らかの形で在職している事の証明は必要です。カードローンをやっている会社のほぼ全てがこの在職確認というのを、現在勤めている会社への連絡をし、実際に本人が在籍しているかどうかという事で確認を取っています。ただ、現在では電話での在職確認無しでOKというサービスをしている所もあるようです。有名どころでいうとモビットなどがその代表例ですね。

ただ在職確認がそれで無しという事では無く、代わりになる証明をしなくてはいけません。社員証や会社で社会保険として加入する健康保険証などがその代替え証明として用いられているようです。在職確認の連絡が無いので審査が甘いのかなと思うかもしれませんが、逆に、書類だけの審査になるので、書類審査は、通常より厳しいらしいですよ。不備や不足が有ればまず融資してもらえないようです。まあそれだけ在職確認は重要という事ですね。でも在職確認の電話連絡をそこまで恐れる必要も無いかもしれませんよ。

車のローンを通した時にも在職確認は有ったはずですが、消費者金融系でも基本やり方は変わりません。電話オペレータが個人名で掛けてくるので、例え他の人がその電話を取ったとしても内容はわからないでしょう。電話の内容も、在職確認が目的ですので、特に返答するべき内容は有りません。ただ中には勘づく方もいらっしゃるでしょうが、その場合は、クレジットカードの契約などとあらかじめ言っておけばいかかでしょうか?クレジットカード契約であれば体裁が付くでしょう。

カードローン審査でされる勤務先への電話など4つのこと

とても便利なカードローンですが、お金を借りるということだけあって、誰でも簡単に、そしてすぐに活用できるわけではないのです。もちろん当日中に借りたり、女性や男性、年齢にかかわらず利用することは出来ますが、審査を受ける必要があります。(参考ページはこちら→もしも当日にお金を借りたいなら

カードローンにおける審査というのは“返済能力”を見定めるためのものです。そのため、実際に面接を受けたり、何かをテストされるというタイプのものではありません。チェックされるポイントは大まかに分けて4つあります

・現在の職業と収入
・就業している場合は、その会社に在籍しているか確認できる
・他の会社から借り入れがあるか
・借り入れがある場合、その金額が年収の3分の1に達しているか

なぜ、年収の総額と借入金額が関係有るのかというと、これは法律によって定められたルールがあるからです。実はカードローンであれキャッシングであれ、お金を借りるときには「年収の3分の1より少ない金額の範囲内」でなければならないのです。このルールは誰にでも適用されるものです。

ちなみに銀行で組むローンや住宅ローンなどはこの限りではありません。住宅などは何千万円もするものですから、年収内に収めるというのは無理があります。そのためこの規制は当てはまらないのです。

また会社に勤めている場合には在籍確認ができるというのが1つのポイントとなります。在籍確認というのは、カードローン会社が行うもので、本人が書類を提出したり、作業をするといったことはありません

そして、もちろん会社自体にも自分がカードローンでお金を借りようとしていることが把握される心配もありません。勤務先には、知人や取引先を装って電話し、本人がいるかどうかを確認するというのが、在籍確認のスタイルです。

自分がこうした条件を満たせるかどうかを考えれば、ローンを活用することもできるのです。困ったときにはこのような便利なシステムを活用するというのも覚えておくべきと言えます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.