初めてのカードローン。本人確認って?

キャッシングベスト3

カードローンを組むときの本人確認って何が必要?

初めてカードローンを申し込もうと思うのですが、本人確認には何が必要ですか?また返済方法についても教えてください。

いろんな種類があり借入の方法や返済の方法もたくさんあります

まず、申し込み時に必要となるのは顔写真付の身分証明書として運転免許証やパスポートなど、そして自分の住んでいる住所の公共料金の請求書や住民票などが必要となります。

そして収入があることの証明として過去数ヶ月分の給料明細や健康保険証の写しが必要となります。それによってなりすましを防止して、なおかつ収入などに虚偽の申告がないかを確認します。

最近では在籍確認の電話が職場にかかっても個人情報保護の観点から電話を取り次がない企業も増えてきたので、在籍確認を書面で行うのが一般的となってきました。

カードローンの申し込み時に本人確認を終えたらあとは限度額内で必要な時に必要な金額を借りて、返済していきます。

不測の事態に備えてカードを持っておくのは保険代わりにもなり、非常に心強いことです。返済も最近ではリボ払いを利用する人が増えています。

リボ払いというのは残高に左右されず毎月一定金額を返済する方法で、借入をしている途中にさらに上乗せして借入をする事ができます。返済額は変わらないので、家計を圧迫することなく借入ができます。

もちろん残高を分割払いする返済もありますので、自分に合った返済方法を続けることが大事です。

延滞してしまうと信用情報機関にその事実が登録されてしまうので、返せないと分かったときは早めにカード会社に連絡すると良いでしょう。信用を損なわず、良好な関係のままで借入をしましょう。

本人確認や収入など、カードローンを利用するためのポイント3つ

カードローンはお金を借りるサービスの一種です。年齢に制限がありますが、18歳を超えている人間であれば大抵は利用することが出来ます。とはいえ、いくつか満たさなければいけない項目もあります。(参考ページはこちら→カードローンを使う為に満たすべき項目

まず1つは安定した収入があるということです。簡単な事ですが、お金を借りるわけですから返済をする必要があります。収入がなければ返済もできないため、返済出来る目処があるかどうかを判断する目安として“収入”がチェックされます。

収入は金額というよりは“定職に就いているか”を確認するためのものなので、同世代と比べて収入が多かったとしても借りられないケースや、逆に少なくても借りられる事があります。どうしてこうした事態が起きるのかといえば、それは2つめのチェックポイントになります

2つ目にあげられるのは“これまでにお金を借りて返した経験があるか”ということです。友人間や家族同士のやりとりではなく、キャッシングやカードローンの利用歴、そしてクレジットカードなどもこれに当てはまります。どれも一時的にお金を借りて返済するというスタイルなので、2つ目の条件に当てはまるのです。

“お金を借りて返した経験がある”人間であれば、前回と同じように借りたお金を返してくれる可能性があります。リスクが低いとみなされるわけです。だからといって、1度も経験がないから絶対にカードローンを利用できないというわけではありません。

3つ目に挙げられるのは“本人であると確認できるか”“在籍確認の有無”です。これは本人であることを証明できる身分証明証を持っていれば問題ありません。本人確認と言って、本人以外にお金を貸すことは法律でも禁止されているからです。在籍確認というのは、会社に在籍しているかの確認で、これも自分からすべきことは何もありません。

在籍確認は基本的に、ローンを組む会社が内密に調査するもので、決してお金を借りていることなどが周囲に分かることはありません。カードローンは意外にも安心安全にお金を借りられる方法なのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.