カードローンの在職確認が審査に与える影響

キャッシングベスト3

カードローンは在職確認がある場合とない場合でどう違うか

カードローンで契約の際に職場などに確認を取る行為がありますが、これをすると周囲に借金がバレるのではないかと不安になります。そのため、出来るならこうした電話連絡がないようなカードローン会社を選びたいのですが、契約時に電話がかかってくる会社と、それがない会社では、審査にどういった違いがあるんですか?

在職確認がある金融業者の方が審査が早いです

在職確認は、カードローン審査で契約者の返済能力の裏付けをするために行われるものです。そのため、これがある場合は審査の信ぴょう性を早く獲得することができ、申し込みから借入までのスピードを上げることができます。在職確認がない消費者金融も数多くあります。これらに共通するのは、金利で若干の不利を契約者が負うということです。

実際のところ、在職確認を行わない消費者金融の方が多いぐらいのバランスで現在の消費者金融業界は成り立っているといってもいいでしょう。それは、借り入れの際に周囲に知られたくないという契約者の希望と職業を確認する手間と、人件費のコストを消費者金融が考慮した結果とも言えます。

この在職確認をすることとしないことで審査にどういった違いがあるかということですが、審査の速度の他に、同じ借り入れ限度額を設定する時に対して要求される収入の額が違います。在職確認をした場合、その情報がプラスの評価になり、審査の難易度、借入限度額の上昇、融資までの速度上昇といったメリットがあります。(参考ページはこちら→より良い融資を受ける上で大事な基準

【参考ページ】
在籍確認無しの融資を使うまで

在職確認など、カードローンの申し込みで必要なこととは

これまでにカードローンを利用したことがない人の場合、利用に関して間違った知識や考え方を持っている場合があります。実際には必要のないこと、逆に必要なことなどを知らないと、利用する時になって困る可能性が高くなります。

「貯蓄額を伝える必要がある?」
「通帳を持参しなくちゃダメですか」
「社員証や給与明細を用意しなければいけない?」
「会社にも相談する必要があるのでしょうか」

など多岐にわたりますが、実際の所間違っているものもあれば正しいものもあります。こちらではカードローンを借りる時の主な流れや必要な手順について説明します。まず申し込みをするときには銀行や業者などの窓口を訪れる方法、電話での申し込み、インターネットからの申し込みなどを方法としてあげられます

どれを選んでも実質的には変わらないので、自分にとって最も手間にならない方法を選ぶ事ができます。仕事などで忙しいのであればインターネットでの手続きが最も効率よく、逆に質問をしながら手続きを進めたいなら窓口や電話といった方法が好ましいでしょう。

誰にも会わずに申し込みをしたいというのであれば無人契約機を使う方法もあります。このように、様々な方法があるので自分に合った方法を選ぶことが出来ますし、会社も沢山あるので、馴染みがある会社などを選べば、ATMなどの使い方に不自由するということも極めて少ないでしょう。

申し込む段階で必要になるのは身分を証明するものだけで、身分証や保険証などを用意していれば他に必要な物はありません。通帳なども原則として不要ですが、現在就業していない場合で、貯蓄はあるがカードローンを活用したい場合など特殊なケースにおいては持っていたほうが良いこともあります。

在職確認と言って会社に在籍を確認されることもありますが、これは匿名で行われるため、会社にはカードローンの利用が明るみになることもありません。保証人などが不要であれば誰にも知られず利用できます。カードローンというのは実にシンプルで簡単な手続き方法で利用できるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.