銀行カードローンに仮審査と本審査がある?

キャッシングベスト3

銀行カードローンには仮審査と本審査がありますか?

銀行カードローンには仮審査っていうのと本審査っていうのがありますか?審査を受けなきゃいけないっていうのは知ってるんですけど、それが2つあるって知らなくて…。

基本的に両方受けなきゃいけないんですか?どういうところが違うんですか?

カードローンを利用の為には仮審査・本審査両方クリアが必要

銀行カードローンを申し込むと、審査を受けなければいけない、これは確かです。そして、審査には仮審査と本審査があって、カードローンを申し込んだ人は必ず両方の審査に通る必要があります。審査最短30分、なんていうのは、一般的に仮審査のことを指しますね。仮審査がどうして早いのか、驚くほどスピーディーなのかは、仮審査で行われる内容に秘密があります。

仮審査というのは、申し込み内容に対して機械的に行われる審査になります。申し込むときには名前や住所だけじゃなくて年収や他社借り入れ内容を記載することになりますよね。その数値情報が基準を満たしているかどうかを機械的に判断するというものになります。特に考えることが必要という事ではなく、あくまでも数字が適用可となっているかどうかチェックするだけなので早いんですね。年収が低すぎる、借入希望金額が大きすぎる、他社借り入れが複数ある、その情報だけで利用可能か不可能かが判断されるのです。

本審査というのは、仮審査に通った後に行われる審査で、こちらは申し込み者の情報を細かくチェックする作業になります。機械的な仮審査に対して人の手で行う本審査、ということですね。信用情報の内容を確認して延滞経験の有無、他社借り入れ情報に虚偽申告がないかどうか、しっかりチェックするんです。もし自己申告だけで仮審査に通ったとしても嘘の内容を申告されていたら銀行側にリスクがありますよね。ですから、ちゃんと人の手でチェックを行って最終的に利用出来るかどうかを判断するようにしているのです。仮審査、本審査両方使しないとカードローンを利用することは出来ないという事です。

【参考ページ】
真っ先に受ける事になる融資の仮審査についての豆知識

銀行カードローンの仮審査と本審査を通す3つのポイント

銀行カードローンは、消費者金融のカードローンに比べ、利息が低く借入限度額も高いという特徴があります。また、銀行が運営主体である為、安心して利用できるというメリットもあります。その反面、銀行カードローンでは審査が厳しいのが特徴となっています。銀行カードローンにおいても、仮審査と本審査がありますが、それら審査を通過するためのポイントしていくつかのことがあります。

銀行カードローンの審査の特徴として、仮審査を通過すれば通常は本審査も通過できる場合が多くなっていますが、状況により最終の審査で通過できない場合があります。それを防ぐ止めにまずは、申請する際の申請書に年収などをできるだけ正確に記載するということがポイントとなります。
(⇒この審査において確認されている事

申請が重要なのは、仮審査では機械的な判定で、ある条件を満たしていれば通過できますが、本審査ではそれらの整合性が人手により確認されます。その際、申請内容が実態と異なっていた場合は、信用が無いとみなされ落とされてしまうためです。(参考ページはこちら→虚偽記載は融資審査でマイナスしかありません

また、複数の業者へ同時に申し込むなども審査で不利になる場合があります。業者への借り入れの申し込みについては、信用会社を通じて情報共有されている場合が多くなっています。同時に複数業者へ申し込むことで、お金に相当困っていると捉えられ、審査時に不利になる可能性があるため、1つの銀行などに絞って申し込むことが重要になります。

さらに、クレジットカードを多数所持している場合に、審査に不利になる場合もあります。クレジットカードにはキャッシング枠が付随している場合が多く、キャッシングを行っていない場合でも、銀行カードローンの審査などで借り入れとみなされる場合があるためです。その為、不要なクレジットカードは解約するなどしておくと、審査で通過しやすくなります。

仮審査は、機械的な審査である為、申請書に記載した内容が条件を満たしていることで通過できますが、本審査ではその内容を精査されるため、できるだけ不利な条件を無くしておくことが審査を通過するポイントになります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.