カードローンの仮審査とはなんですか?

小さな会社で働いています。会社の経営が思わしくなくて給料が低いです。家賃、食費、交通費などを支払うと殆ど手元に残らない状態です。今の状況を脱するまでの間、カードローンで借入ができないかと考えています。カードローンには仮審査と本審査があるようですが仮審査とはなんですか?

ネット上で行う借入診断のことだと思います

不況が長引いていて中小企業にとっては厳しい時代だと思います。ワーキングプアという言葉までできるほどきちんと働いていても十分に収入を得ることができない人もいるよう気の毒としか言いようがありません。転職するなど方法はありますが簡単ではないですよね。質問内容を読むと質問者様にとっては初めてのカードローンということですね。仮審査というのはおそらくカードローン会社のホームページ上で行っている簡単借入診断と呼ばれるものだと思います。

この借入診断は実際の申し込みをする前に審査に通るかどうかある程度目安をつけることができます。審査に通るあてもないのに申込をすることは利用者にとっても会社側にとっても好ましくありません。あちこちにカードローンの申し込みをすると経済的にとても困っていると思われてしまいます。その結果、審査に通らないというようなことも起こり得ます。これを申し込みブラックと呼びます。カードローンに関する個人情報は信用会社に記録されていますのでいつどこの会社に申込をしたかというのはすぐにばれてしまいます。またカードローン会社側にとっても審査に通らない可能性の高い人のために事務的な処理をするのは無駄なことなのでできれば避けたいですよね。双方にとって便利なこの借入診断はできるだけ活用するようにしましょう。

借入診断では生年月日、年収、その他の借入数や借入額を入力します。その後数秒で借入が可能かどうか診断してくれるのです。もし借入が可能な場合はそこから申し込みページに移動することができます。本審査同様、仮審査でも重要なのは年収とその他の借入の有無です。年収が低かったり、他の会社からの借入が多いと審査に通らないこともあります。ただ注意したいのは仮審査に通ったからといって必ずしも本審査に通るわけではないということです。仮審査はあくまでも仮審査に過ぎず、当然ながら本審査に比べるとハードルは低く設定されています。

本審査ではおもに申込者の信用情報をチェックします。過去に返済の遅れや自己破産などがないかということを確認します。過去に返済トラブルがあるとかなりの高確率で審査に通らないことが予想されます。

【参考ページ】
小さな企業勤めでも融資は受けられるの?

カードローンの仮審査とは、重要ポイントを解説

カードローンの仮審査とは、機械的に行われるスピーディな審査のことです。

そもそもカードローンには仮審査と本審査があります。まずは機械がある程度のふるいにかけ、本審査へ進むわけです。仮審査はその名の通り「仮」ですから、審査に求められる情報は正確に書き込みます。虚偽を書き込むと、本審査で落とされます。もちろん審査の基準は、ローン会社によって多種多様です。ですから、一つの審査に落とされても、何も人間性を評価されたわけではありません。たまたま縁が無かった程度に受け取るべきです。カードローンを提供している会社は他にもいくらでもあります。他社は基準が異なりますから、どこでも同様に落ちるとは限りません。専業主婦や無職であっても借りられるサービスも増えています

ですが、今すぐにお金が必要であるのに、審査に時間がかかりすぎるのは困る場合があります。落ちては困るからと、結果の出る前から他のカードローンを申し込んではいけません。こういったことをすると、他からも借りていると思われ審査が通らない場合があるからです。時間はかかってしまいますが、別のローンを申し込むのは完全に断られてからにします。

また、仮審査に通ったからといって、本審査で落ちる場合があります。原因は色々考えられます。大事なポイントは、お金を返す見込みがあるかどうかです。相手からすれば当然のことですが、見落としがちです。お金を返せるかどうかは、年収をみて判断されることが多いです。毎月ある程度決まった額が収入として見込まれているというのは重要なポイントです。ですから、勤続年数がより多い方がよい印象を持たれます。さらに毎月安定した金額を得ているとさらに信用を得ることができます。

ですから、複数の会社からお金を借りていては、疑問を持たれかねません。新しくお金を借りるなら、返済を済ませてからにするべきです。もちろん、延滞してしまうようなことがないように注意が必要です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.