収入証明を求められるのはどんなときか

キャッシングベスト3

カードローンの仮審査中に収入証明を求められることはありますか

カードローンの申し込みをしています。現在は仮審査中だと思うのですが、仮審査中に収入証明を求められることはありますか?収入証明を求められた場合はどこで取得すればいいのでしょうか?どんな場合に収入証明が必要になりますか。よくわからないのでよろしくお願いします。(参考ページはこちら→収入証明とカードローン審査について

仮審査中に収入証明を求められることはあります

カードローン会社によって審査基準や審査内容は違うし、申込者の属性によっても違ってくるので、この場合はいるとかいらないとかというのはわからないと思います。審査が厳しいカードローンでもすんなり通ってしまうこともあるし、自信があったのにすぐに否決になってしまったということもあります。カードローンに審査に落ちるとその原因を問い合わせる人がいますがカードローン会社側は否決理由を公表する義務はありません。ですので、どの会社が厳しい、厳しくないというのは人それぞれです。つまり、収入証明を求められるのがどのような場合かというのはわからないのです。

収入証明は通常借入額が50万円以上のときに提出を求められます。しかし、最近では100万以上、200万以上の場合に収入証明を求める会社もあり、利用者にとっては便利になっています。

しかし、自営業の場合は少額の借入でも収入証明を求められるようです。というのも、自営業では在籍確認ができません。通常申込者が勤務先を申告すると勤務先にカードローン会社から電話が行きます。この電話はカードローン会社を名乗らずに個人名でかかってくるのでカードローンに申し込んだことを知られることはありません。カードローンの審査では必ず在籍確認があります。在籍確認を行うことで申告された会社に本当に在籍し、きちんと収入を得ていることを確認するのです。自営業の場合ですと在籍確認ができません。そのため少額の借入であっても収入証明が必要になるのです。

その他に収入証明を求められるのは申込者の申告内容に疑わしい点があるときなどです。予想以上に高額な年収を申告している場合などです。年収で虚偽の申告をする人はいないと思いますが調べればわかってしまうことなので絶対に避けましょう。虚偽の申告をすると印象が悪くなり審査に不利になります。収入証明ですが、区役所などの役所で取得することができます。平日忙しい人にとっては取得のために足を運ぶのは煩わしいのでできれば収入証明なしで借入したいものです。

カードローンの仮審査中に収入証明を求められることはあるのか

融資を受ける方法の中でも、特に急いでお金を必要としているときにはカードローンはとても便利です。担保や保証人を用意する手間はありませんし、来店なしでもインターネットや電話から申し込みが可能です。インターネットの場合は24時間受付対応ですので、忙しい方もいつでも好きなときに手続きを開始することができます。申し込みにはどんな準備が必要なのか確認し、必要書類を用意しておけばより手続きもスムーズです

消費者金融、銀行いずれの場合であっても、まずは本人を確認できる書類が必要となりますので、運転免許証があればそれを用意します。なければパスポートや健康保険証などの書類を用意しておきます。そして、借入金額によっては収入証明書を用意することもあります。

融資を受けられる条件としては、なんといっても安定した収入があることが大切ですので、ある程度まとまった金額が必要な場合は、返済能力があるかどうかはやはりしっかり審査されることとなります。申し込み用紙に、年収を記載する場合もあとで収入証明書との食い違いが起きないよう、正しく記入しておきましょう。

仮審査中に収入証明を求められるのかということとなりますが、消費者金融の場合は総量規制がありますので、借入金額が50万円以上、他社と合わせて100万円以上となると収入証明書が必要となります。銀行の場合は総量規制の対象外ですが、やはり100万円以上などの高額の借入となる場合は給与明細や源泉徴収票のコピーが必要となります。自営業の方の場合は確定申告書を用意することとなります。

カードローンの申し込みでは必要書類については、最近はインターネットからアップロードしたり、ファックスから送信することができますので、郵送の手間もかからず書類を送ることもできます。仮審査ではコンピュータで行われる審査、さらに職場への在籍確認などが行われ、さらに本審査で仮審査での結果に食い違いがなければ融資が開始されることとなります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.