カードローン仮審査から本審査までの時間

キャッシングベスト3

カードローン仮審査から本審査まで時間かかりますか

カードローン仮審査から本審査までって時間かかるんでしょうか。審査結果最短何分!って仮審査ですよね。
(⇒カードローン審査は何故二段階あるのか?

本審査は仮審査受かればすぐにするんですか。それとも間に何か他の手続きあるんですか。

仮審査と本審査は連続で行われるのが基本

カードローンの仮審査は申し込み内容だけをチェックして可否を決めるものです。ネットで申し込めば入力された内容を審査基準と照らし合わせるだけの作業になるのでスピーディーな審査が可能となるわけです。ただ、仮審査だけで利用できるわけではなく本審査もクリアしなければカードローンを利用することはできないわけです。

本審査は仮審査後引き続き行われることになりますね。必要書類である身分証明書が届かないと行われないこともあります。必要書類を郵送しなければいけない場合は郵送日数がかかってしまうまけですが、必要書類の提出はメール添付やファックスでOKになっているところも増えてきました。これならすぐに対応できますよね。仮審査結果を受けてすぐに対応すれば、本審査結果も当日中に出てすぐに利用できるようになる場合もあるんですよ。
(⇒カードローン審査で必要になってしまう書類とは?

本審査では本人の確認を行うことが必要最低限となっていますから、それを確認する書類の提出がなければいつまでも契約することはできないのです。必要になる書類というのは事前に分かるものです。しっかり確認してすぐに提出できるよう、提出方法も含めて把握しておきたいですね。ただ、仮審査で大丈夫でも本審査で落ちてしまう事例もありますから、もしかしたら利用できない可能性がある、それは認識しておいてください。
(⇒本審査で行われる本人確認の手段について

カードローン仮審査から本審査へ通過する為の2つのポイント

カードローンには2つの審査がある

よくカードローンの広告では審査が最短何分という表示がありますが、実はカードローンの審査には仮審査と本審査と2つがあり、広告に掲載されている審査は仮審査のことを指します。

その為、通常仮審査は確かに早く行われてるところが多くなっていますが、これはあくまでも仮の審査である為、これに通過したからと云って必ずしも希望通りの利用額で契約ができるとは限りません。

仮審査とは、銀行等の金融機関や消費者金融でそれぞれに用意されている申込フォームの内容から一般的な判断が行われるのに対して、本審査では本人確認書類や収入証明書などの必要書類から申込記載内容と照らし合わせて確認作業を行ことで個別的な判断がされるものです。
(⇒このときに行われる融資の審査基準について

つまり、まずは仮審査でデータベース化された一定基準によって一般的かつ自動的な振り分けを行い、これを通過した者に対しては個別具体的な本審査を行うことで、契約締結の有無が判断されています。

従って、多くの仮審査は非常にスピディーにその結果の通知がありますが、本審査の結果についてはカードローンを申し込んだ先によります。

2つの審査で押さえて置きたい2つのポイント

そこで、このカードローン仮審査から本審査の流れの中で、これらの2段階の審査に通過する為には2つのポイントがあるとされています。

まず1つ目には、仮審査の段階に於いて申込フォームに記載を要する内容では、主に氏名や年齢、性別や婚姻の有無また保険種類、住所や住居形態と勤務先や年収更に他社からの借入の有無等の項目があります。

そして、嘘のない内容を記載することが挙げられますが、一般的に仮審査に通過し易い条件は、当然収入は安定して高い程良く、持家で長い居住年数があり、また勤務先は大手企業や公務員などが有利とされており勤続年数も長いと良いとされています。
(⇒融資申し込みで嘘をつくとどうなる?

2つ目には、仮審査を通過した本審査に於いては、必要書類について審査に通過し易いという点ではなく、自己の情報を正確に伝えることが大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.