機械(プログラム)か人か?カードローンの仮審査は誰がするの?

カードローンの審査の前に、仮審査?みたいなのがありますよね。それって、機械的にプログラムで判断してるのか、人間が行っているのか、気になりました。ネット仮審査だと、けっこうな問い合わせが全国からあるから、人間だとミスで融資NGって回答してしまうこともあるのかと。

仮審査は入力項目への単純な判断で、原則プログラム処理

基本的に、カードローンの融資申し込みの審査は、人の判断で行われます。一定の額のお金を借り入れして、それを数か月から1年以上で分割して返済する、その返済が終わらせることができるか、がポイントになります。(参考ページはこちら→融資を受けられるか否かで大事な事

申し込んだ人に貸せるか、貸せないかは、非常に微妙な判断が問われます。借りる側は、審査に通らなければがっかりするし、あまりに理不尽だと思うケースでは、その金融機関に対して不信感を抱いたりするでしょう。

しかし、逆に申し込む人のことを考えて、危なそうな人にも貸してしまうと、返済不能になってしまうこともあります。貸した会社は、返済請求に労力がかかり、お金が戻らなければ大変な痛手を負います。なにより借り入れした本人が、社会的信用を失ってペナルティを受けてしまいます。(参考ページはこちら→返済が出来ないとあとでこんなに困ります

そんな重要な審査でも、仮審査と呼ばれるもののなかには、自動化、機械化されたものもあります。インターネット上で、金融機関の公式サイトにある入力フォームに、必要事項を入力すれば、すぐに結果が表示されるという簡易審査です。

これは、上で書いた審査の前に行われるものです。機械が、というより、プログラムが入力された情報に対して判断を行い、結果を表示します。結果がOKであれば、実際に担当者が行う本審査に進みます。

仮審査は、利用者にとっては、本審査のムダなドキドキや手続きを省くことができます。いろんな書類の記入や証明書類の準備をして、そのうえで融資NGといわれることを防げます。会社にとっては、毎日かなりの数に及ぶ申し込みの中から、明らかに融資できないケースを省くことができ、効率化を図っています。

多くの場合カードローンの仮審査は誰がするのか

近年は多くの人々がお金をいつでもどこでも使うことが出来るキャッシュカードと言うものを持っています。それは、現金を所持していなくてもキャッシュカードと言うお金を自由に契約者であってなおかつそのお金を使う場所がカードの提携店舗などであれば使うことが出来ると言うものです。この様にとても便利なキャッシュカードですが、そのカードを作成する時にはその契約者の財産能力や借金や金銭的なトラブルの過去の経歴や現在のその様なことの有無を調べるための審査と言うものがあります。

その審査には2つの過程があり、まず初めに仮契約をカード会社と結ぶ時に行われる比較的基準の低い基準で行われる仮審査と言うものがあります。そのカードローンの仮審査は誰がするのかと言うと、多くの場合においては仮審査であるためにコンピューターや委託会社のスタッフなどが各会社の基準に合わせて行います。そのために比較的本審査と言う厳しい契約直前に行われる審査よりは低い基準で審査が成されることが多くなっています。そのために、カード会社の上層部の人やスタッフがその様な審査をすると言うことは数の問題など様々な理由があるために、ほとんどありません。

また、仮審査は簡単な審査であるために大まかなことのみしか審査の枠に入っていないと言うこともあるために、過去の借金や金銭的なトラブルなどの有無などと言う調査するには少し手間がいるようなことは多くの場合行われていません。しかし、一部の会社では契約者の安全や会社の安全などを守るために仮審査の時点からその様な調べることに時間がかかってしまうことを見ると言うことも行われています。しかし、その様な場合であっても仮審査であるために多くの場合においては、現在では委託会社やコンピューターなどが行っていると言う状況になっています。

この様に仮審査と言うものは本審査に比べて比較的基準も緩く、審査する人も多くの場合においてこの様な人々であるのです。

【参考ページ】
お金を借りるカードを使うなら知っておきたい事

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.