カードローン仮審査OK本審査NGの理由は

キャッシングベスト3

カードローン、仮審査で通ったのに本審査で落ちた理由を知りたい

先日、カードローンの審査に落ちました。ネットからの申し込みで仮審査には通っていたのですが・・・。こういうのって、何か理由があるのでしょうか。最初から仮審査でだめだったら、気にならないのにな、って思います。
(⇒融資審査に落ちてしまう場合の理由とは?

仮審査で省略されている質問事項や提出書類でNGの可能性あり

実際には、カードローンの融資を申し込み、仮審査がOKだったのに本審査で否決(NG)だった、というのはよくあります。主に、仮審査は専用サイトに必要事項を記入して行いますが、そこにも、あくまでも簡単な基準での審査で、仮の結果が出ますといった注意事項が書いてあります。

こういうがっかりが起きる理由として、まず考えられるのが、仮審査での記入情報が誤っていた場合です。たとえば、質問項目に「現在、何社から借りいれしていますか(返済中ですか)?」といったものがあった場合で、ついうっかり1社の借り入れを記入し忘れたとき。これは、本審査で融資会社の担当者がデータベースを参照すると、すぐに1社が申告漏れしていることがわかってしまいます。

こうした申告漏れは、悪意があってわざと書かなかった場合でも、そうでない場合でも、審査に影響が出ます。やはり正確に自分の借り入れ状況を把握しているか、計画的に利用しているか、という判断基準に引っ掛かります。

また、仮審査では省略されている確認項目でNGになるケースもあります。勤務先や収入の詳細は、本審査での申込み情報ではじめて記入することが一般的です。ここで、収入や勤続年数、そしていままでの返済がきちんとされているか、が総合的に判断された結果、審査に通らないこともあります。(参考ページはこちら→融資審査の判断基準

在籍確認で連絡がとれない、という基本的な入力ミスや手続きのミスもあります。審査に通るか通らないか、がドキドキして気になる人は多いものですが、まずは落ち着いて、時間をかけて確認、記入するのが大切です。

カードローンで仮審査で通った後本審査にも通る3つのポイント

カードローンでは申請を行うと通常、仮審査と本審査の2段階の審査が行われます。それぞれの審査には違いがありますが、仮審査で通った後、本審査で落ちずに審査を通過するためにはいくつかのポイントがあります。

まず、仮審査と本審査の違いですが、仮審査はコンピュータなどの判断で機械的に行われる審査になります。この審査では申請者の年齢や職業、年収など申請された内容で簡易的な審査行われます。この審査を通過すると、続けて本審査が行われます。この審査では、人間による審査が行われ、本人の在籍確認や信用情報会社へ問い合わせ過去の返済遅延や他社からの借り入れが無いかなどの最終確認が行われます。最終確認を通過すると初めて、カードローンによる融資が行われます。

これら審査内容の違いから、最終審査に通過するためには3つ程のポイントがあります。まずは、信用情報が重要になるということがあります。過去に借り入れている場合などには、遅延なく返すなど信用を高めておくことで、最終の審査でも落ちずにお金の融資を受けることができます。(⇒返済に遅れていたら融資審査では一気に不利になります

また、在籍確認時などには真摯に対応するということも重要です。業者によっては、会社などに在籍確認が行われる場合があります。このような場合に、業者からの電話に出るなどの対応をし、在籍を確認してもらうということが重要になります。

さらに、仮審査時の申請で虚偽の無い申請を行っておくことも重要です。最終の審査においては、仮審査時に確認された内容の内容に虚偽が無いことおよび辻褄が合っているかの確認を行うことを主眼としています。その為、虚偽申請で仮に仮審査を通過した場合でも、申請内容に虚偽があると最終の審査で落とされてしまいます。その為、最終の審査で通過するためには、正確な申請を行っておくことが重要です。また、申請時に悪意がなく間違いの記載だった場合でも、虚偽ととらえられてしまう可能性があるため、誤記含めなく申請することが重要です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.