仮審査で時間がかかると否決になるのか

キャッシングベスト3

カードローンの申し込みで仮審査に時間がかかると否決?

カードローンを利用したいと思って仮審査を申込みました。しかし、その結果がいつまでたっても通知されません。相手が忘れているのかと思い、カードローン会社に確認の電話をしたんですが、審査中という回答しかもらえませんでした。通常、カードローンの仮審査は、非常に短期間で終了すると聞いていたので、時間がかかるというのは、審査に落ちる前兆なんですか?
(⇒どのようにすればすぐにお金は借りられるのか?

仮審査に時間がかかっても審査に落ちるわけではありません

カードローンの仮審査というのは、本審査の前段階という位置づけにあります。そのため、簡単に言えば、この人は審査を受ける資格があるかといったことを大まかに判断することになります。仮審査で求められるのは、最低限のことなので、本来であれば非常に早く終わります。年齢が基準に達しているか、住所が適切か、審査(面接)の時に店舗に来られるかといった基本的なことを大雑把に判断するものなので、早ければ30分前後で回答がもらえることもあります。(参考ページはこちら→融資を受ける為に欠かせない基本要素

仮審査は、大抵の場合、インターネット上ないしは電話かFAXで行われます。このどれかによってかかる時間も変わってきます。最も速いのは、電話で直接申し込む場合です。つぎにインターネット、最後かFAXでの仮審査です。これは、情報を確かめることができる速さがこの順番だからです。電話でも仮審査は、カードローン会社の質問にリアルタイムで答えられるため、非常にスムーズに進行します。反対に、インターネットやFAXは、あくまで利用者が送った情報のみで判断しなくてはいけないうえ、担当者に送られてくる案件の数が電話より圧倒的に多いので、順番に審査していると、申し込んだその当日では回答できないといったケースが発生するのです。

カードローン仮審査に時間がかかると否決?なんてことはない

多くのカードローン会社が非常にスピーディーな融資審査を行っています。なぜ迅速な審査が可能になっているのかというと、審査が仮審査と本審査の二段階になっていて、明らかに利用資格を有していないような人は仮審査段階で落とされてしまうシステムになっているためです。利用申し込みをした人全員に対して、最初から本格的な審査を行うことになっていると、無駄な時間を取られてしまう可能性があります。でも、融資を受けられる可能性が高い人だけが本審査に進むようになっていますので、早く集中的な審査ができるようになっています。

カードローン会社のほとんどがコンピュータを使った仮審査を行っています。ですので、仮審査にかかる時間は非常に短くなっているのが普通です。会社によっては、わずか2~3分で仮審査結果が出るようになっている場合もありますので、カードローン仮審査に時間がかかると否決?と不安になってしまう人も少なくありません。実際には、仮審査に時間がかかった挙句に否決になることもあれば、可決されることもありますので、時間だけを目安に判断することはできません。

たとえば、カードローン会社の中には、仮審査の段階で個人信用情報機関への照会まで済ませてしまうようなシステムになっているところがあります。そのような会社の場合であれ、当然のことながら仮審査にも長めの時間がかかります。また、個人信用情報機関の営業時間終了後に申し込み手続きをしたのであれば、回答が出るのも翌営業日以降になってしまいます。回答を待つ側としては、長く待たされると不安になってしまって当然です。でも、仮審査で個人信用情報機関への照会まで行うようになっているために時間がかかっている会社であれば、仮審査に通過することができると本審査で落とされてしまう心配がまずなくなります。
(⇒個人信用情報とは何か?

逆に、ほんの2~3分で仮審査結果が出るシステムになっている会社の場合には、仮審査に通っても本審査で落とされてしまう可能性がかなりあります。ですから、カードローン仮審査に時間がかかると否決?なんて心配する必要はありません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.