カードローンの申込書で書き方のコツとは

キャッシングベスト3

カードローン審査で通りやすくする申込書の書き方ってあるの?

カードローンを利用するときに必ず書かなくてはいけない申込書ですが、審査の際に重要な判断材料になりますよね。この申込書の書き方によって、審査に落とされたりする人もいるって聞きました。カードローンの申込書で有利になる書き方ってあるんですか?

間違ったことや誇張を記入しないことが何よりも大切です

審査で有利になる申込書の書き方というのはありませんが、これを書くと、確実に審査で不利になるという書き方ならあります。それが、正しい情報を書かないことです。特に間違えてはいけないのが、勤務先の情報と、本人の個人情報の欄です。収入などの情報は、金融機関側にとって、真偽の判断ができない情報です。そのため、例えば本当の年収は300万円なのに、これに嘘をついて500万円と書いたら違法なのでしょうか?

これは違法になります。正確には契約書に偽りの内容を記入するのは、公的文書偽造という罪になりますが、そこまで大げさにならなくても、利息制限法の総量規制に違反した場合は、借り入れの契約自体を破棄される可能性があります。本来の収入が300万円の場合、総量規制によって、銀行法以外の金融機関から借入できる1年間の額は年収の3分の1である100万円です。しかし、年収を500万円と誇張して記入した場合、その100万円を超える借り入れができるようになってしまいます。それは違法になります。

一方、個人情報を偽った場合、記入ミスによって過失として個人情報偽造になるケースと、わざと嘘をついて故意に個人情報偽造をした場合で事情が異なってきます。過失の場合は、運がよければその場で訂正を求められてそれで終わりというケース、本人確認の際にその情報の差異が発見されて審査ではじかれるケース、そして情報詐称によって大きな問題に発展するケースとありますが、大抵の場合は、わざとやったわけではないので最初の二つのどちらかになるでしょう。しかし、どちらにしても面倒なことになるのは変わらないので、申し込む書には、必ず本当のことを書きましょう。

【参考ページ】
融資申し込みで嘘は厳禁?

カードローン審査を通りやすくするために必要なこととは

給料日前にしてお財布が厳しい時に、魅力的なイベントがあったりデートのお誘いがあったり、またどうしても手に入れたいものがあった場合に、カードローンは大変便利でなおかつ大きな味方になります。

カードローンとは、銀行や金融会社が個人に貸し出す小口融資のことで、住宅ローンなどの大口融資とは違い保証人や担保がいらず、その使用目的も問われません。また、店舗に訪れる必要がなくインターネットで申込みができ、さらに申込みから融資まで早ければ即日で完了するというスピーディーさもあって、今、利用者の数が急激に増加しているのです

このように手軽で便利な融資ですが、とはいえあくまでも融資とあれば、借りるにあたってはきちんとした審査を受けなければなりません。このカードローン審査は決して難しいものではありませんが、場合によっては審査落ちの可能性があることから、申込みの際には充分気をつける必要があります。

では、審査を通りやすくするには、いったいどのようにすればよいのでしょうか。ちなみに、審査が通る基準は金融会社ごとに違いがあり、しかもその基準は公表されていません。ですから、一概にこうすれば必ず通るとは言えませんが、どの金融会社であっても基本的な共通ポイントは存在します。今回は、そうした必須条件をご紹介します。

まず一番気をつけることは、個人情報を偽らないことです。住所や氏名、連絡先の電話番号、勤務先といった基本情報はもちろんですが、申告の際に記入する年収や勤続年数なども正確に記載することが求められます。つい審査を通りやすくするために、こうした年収や勤続年数を多めにして申請する方がいらっしゃいますが、金融会社は信用情報機関にある正確な情報と照らし合わせて審査を行うことから、ウソの記載はすぐに発覚し、このせいで審査落ちする可能性が高くなるのです。

また、審査落ちを心配するあまり、予備を兼ねて同時に複数の金融会社のカードローンを申し込む方がいらっしゃいますが、これも信用情報機関から各社に情報が伝えられ、まるであたかも金策に苦労しているかのような印象を与えるケースにもなりかねないことから、絶対避けるべきです。

こうしたポイントを押さえれば、かなり可能性が高くなりますが、それでも心配があるといった方は、金融会社のwebにわずか数秒で審査する借入診断チェックがありますので、それを利用すると良いでしょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.