審査のいちばん甘いカードローンはどこですか?

6年ほど前に消費者金融を利用していて、その間数回返済が遅れてしまったことがあります。借入先にはきちんと連絡して対応してもらいましたが、過去に返済の遅れなどがあるとカードローンの審査に影響すると聞きました。今回借入先を選ぶにあたってできるだけ審査の甘いところを考えているのですが、一番審査が甘いカードローン会社はどこですか?

中堅の消費者金融は審査が甘いらしいです

過去に借金トラブルのある人の多くができるだけ審査の甘いカードローンを探していますが、審査に通るかどうかは一人ひとり状況が違いますのでなんとも言えません。ただ、一般的に言われているのは銀行は審査が厳しく、消費者金融は審査が甘いということです。銀行は金利が消費者金融に比べると低く設定されていますので当然借入希望者が多いわけです。希望者全員にお金を貸すことはできませんので、その中から確実に返済見込みのある人にのみ貸付を行うわけです。では返済見込みがあるかどうかというのはどうやって判断するのでしょうか。それには審査を行うことになるわけですが、審査の中で重要なのは年収と過去の借入歴です。年収が多ければ返済見込みが高いですし、過去に返済の遅れなどがあればまた同じようなことをするかもしれないと貸付には慎重になるわけです。

銀行の審査に通らなかった人が次に考えるのは消費者金融です。銀行より若干金利は高くなりますがその他にとくに銀行に劣るということはないと思います。消費者金融の場合は金利を上げることで未回収になった場合のリスクに備えているわけです。しかし、審査が甘いと言われている消費者金融でさえ、過去に借入歴に問題があると審査に通らないという報告を聞いたことがあります。その場合には消費者金融の中でも大手ではなく中堅を選ぶ必要があります。

大手消費者金融のように即日キャッシングや無利息ローンなどのサービスはないかもしれませんが、中堅の消費者金融では大手と競うために審査のハードルを下げています。ネット上の評価や口コミをチェックするとブラックでも借りれたとか多重債務でも借りれたなどの体験談が記載されています。真偽のほどはわかりませんが自分で情報を収集し、審査に通りそうな会社があればピクアップするといいでしょう。簡単借入診断なども利用してある程度審査に通るかどうか目星をつけてから申込を行いましょう。

審査のいちばん甘いカードローンとはどういうローンか

審査のいちばん甘いカードローンが無いか調べる方が増えています。一般てきに言えば審査が甘いカードローンはほとんど無いと言えます。カードローンやキャッシングの審査項目はほとんど同じです。通常は、収入と他からの借り入れ状況によって審査が行われますが、審査が通らない場合には2通りの方がいるようです。

1つ目のパターンは、収入に対して借り入れが多すぎる場合です。カードローンの審査を受ける場合に、収入の何割まで他から借りれているかはとても重要な審査項目です。特に現金を貸し出すキャッシング・サービスのような場合は消費者金融や金融機関の一部では法律で収入の3分の1を超えてはならないという制限があります。そのため、収入の3分の1を超えそうであれば審査は自動的に通らないことにしているようです。また、法律の制限がなくなる担保等を利用した融資についても、社内規程で収入に対する借り入れ状況の制限がある場合が多いうです。社内規程については非公開ですが、法律での制限に近い制限をしている場合が多いようです。

2つ目のパターンは借入件数についてです。このパターンで審査が通らない人が意外と多いようです。借入件数については、借入総額が少なくとも件数が多ければ毎月の支払が生活費に当たれる影響が大きいと判断されることが多いようです。例えば、同じ50万円を借りている場合でも、1件で借りた場合で月に1万円の支払いをしている場合と、5件で月に5万円の借り入れをしている場合とで生活費に対しての影響が違ってきます。そのため、法律での制限に触れない場合でも生活に影響が出ている借り入れをしていると判断されれば審査には通らないことになるようです。借り入れ額が多くないのに審査が通らないことが多い方は借入件数をチェックしてみることをオススメします。

もし、小さな額面のローンが多い場合には、おまとめローンなどを使って件数を減らし、月の支払いを減らしてから審査を受けてみることをオススメします

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.