銀行のカードローンって学生でも組むことができますか?

今は20歳で大学に通っています。次の休みに旅行に行くのでカードローンを利用したいんですがやはり銀行が安全そうでいいなと思っています。銀行のカードローンは学生でも利用できるのでしょうか。審査などは厳しいのでしょうか。カードローンは初めてなのでどなたか教えてください。

学生でも利用できると思います

現在は大学生で20歳を超えているようなので学生かどうかということにこだわらずカードローンを探せばいいと思います。学生ローンというとどうしても学生ローンのアミーゴやイーキャンパスなど100%学生を対象にしたものが思い浮かびますが20歳以上でアルバイトなどをしているなら一般のカードローンを利用できます。結局、学生かどうかということよりもきちんと返済できるかどうかということがポイントになります。学生でもアルバイトなどで収入があれば借入できますし、なければ無職となりますので借入できません。総量規制という法律によると年収の1/3までしか借入できませんので年収がゼロの場合は借入不可です。

学生の場合は収入が低いですから借入できたとしても数万円ということもあります。反対に学生なのに借入希望額を多くすると審査に通らなくなる可能性が出てきます。カードローンの審査では年収、勤務先、勤続年数、その他のローンがあるかどうかを確認します。質問者様の場合は初めてのカードローンと書かれているのであまり関係ないと思いますが利用者の中にはすでに複数の借入をしている人もいて審査に影響することもあります。学生だとアルバイト代も高額ではないので他にローンがあると返済できるかどうかわかりませんよね。過去の利用歴は信用情報と呼ばれ一生ついてまわります。社会人になって、ローンを組んだり、クレジットカードを作る際には学生時代のカードローンについて知られることになりますので返済には十分注意してください。

さて、カードローン選びの基準ですがカードローンには銀行と消費者金融があり、一般的に銀行の方が審査が厳しいです。しかし、銀行の金利は消費者金融よりも低く設定されていますので審査に不安を感じていなければ銀行のカードローンの方をおすすめします。とくに最近注目されているのが楽天銀行のカードローンで金利が低い上に審査も通りやすく、ポイント進呈などのサービスがあります。とくに楽天市場を利用する若者には使い勝手のいいカードローンだと思います。その他にもカードローンはいろいろありますので自分に合ったカードを探してみてください。

銀行カードローンは学生にも融資をしています

私たちの経済活動にはお金が必要です。経済活動とは決して難しいことではなく、お金を使って買い物をすることです。私たちが生活の中でお金を使う場面はどのようなものがあるでしょうか。

私たちは毎日様々な商品を購入したり、サービスを提供してもらう時にお金を支払います。例えばお店で飲食物を購入する時、交通機関を利用する時、水道光熱費のサービスを受ける時、税金を支払う時などです。このように私たちはお金と日々深く関係しながら暮らしています。

長く生活していると、お金が不足する時があります。急な冠婚葬祭や予期せぬ病気や突発的な事故がこれに当てはまります。このような時はお金がなければどうしようもありません。日常生活において食費や交通費などのお金が不足する時は節約したり、我慢したりすれば耐えられる場合もあります。しかし、上記のようなことに関してはお金が不足しては対応のしようがありません。

この場合には2つの方法があります。1つめは両親、友人・知人にお金を借りることです。ここで貸してもらえれば、それを費用にあてれば問題ありません。しかし、貸してもらえない場合は次の手を考えます。

もう1つは金融機関からお金を借りることです。金融機関といっても多くの種類が存在しますが、代表的なのは銀行と消費者金融の2つです。この2つの期間は個人に向けて融資を積極的に展開した事業を行なっています。銀行はカードローンと呼ばれ、消費者金融はキャッシングと呼ばれています。

銀行のカードローンの利点は金利が低いことです。金利とは融資を受けた際に返す利息分のことです。この金利が低いということは返す金額が少なくて済むのです。また銀行のカードローンは主婦や学生やフリーターなどにも融資を展開しています。身分証明書を提出すれば後は審査が通り次第すぐに貸してくれる銀行も存在します。このように現在はお金を金融機関から借りることが比較的容易になりつつあり、多くの人が利用できるようになっています

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.