カードローンは事故歴がどの程度影響するか

キャッシングベスト3

カードローンは信用情報の事故歴がどの程度影響するのか

カードローンは審査において信用情報にある事故歴がどの程度影響するのか知りたいです

自分に事故歴があるという事ではないが、事故歴があるという事は信用に欠けるはずですが、事故歴があっても審査に通る可能性というのは残っているのでしょうか。

事故歴がある状態でカードローン審査に通るのは難しい

カードローン審査に通るために重要となるのは信用度です。どこで信用度を確認するというと信用情報になるわけですから、そこに事故歴を確認することになれば当然審査に通るのは難しくなってきます。事故歴というのは、延滞でも債務整理でもその内容にかかわらず、スムーズに完済出来ていないということを示すものになるわけですから、手放しに信用することは出来ないというのも仕方がない事でしょう。

どの程度審査に影響するのかについては、カードローンを申し込む先によって異なるということになりますが、銀行のカードローンや大手消費者金融のカードローンであれば事故歴があればほぼ利用することが出来ない、そう考えておくべきです。どうしてもカードローンを利用したいという事であれば、比較的審査に通りやすい中小消費者金融のカードローンを申し込むようにしたいですね。とは言っても、かなり審査に通るのは難しいと認識しておくべきです。

信用度を見るうえで、現在の年収、勤務先も重要にはなってきますが、やはり一番のかなめが信用情報であることは間違いありません。きちんと借りたお金を返せる人物であるのか、過去に問題を起こしたことがないのか、何も問題ない人にお金を貸したいと思うのは自然であり、問題を起こしたことがある人に対しては慎重になってしまうのも自然です。事故歴がついてしまうことでそれだけのリスクを背負うことになるという事、しっかり自覚しておきたいところですね。

事故歴を始めとして、カードローンの申し込みで見られる3つの事

1度審査を通過して契約すれば、その後は好きなタイミングでお金を貸し借りできるカードローンにはメリットがたくさんあります

・お金が急に必要になったとしてもすぐにカードで引き出せる
・限度額までは、追加の融資を受けるための審査が必要ない
・たとえ使っていなくても、数年間はカードが有効なのでお金を引き出せる

こうした点はごく一部ではあるものの、魅力的な部分の1つです。とにかく便利に使えるカードローンですが、実際に利用するためには審査を通過する必要があります。ここでは審査を通過するためにチェックされているポイントについて紹介します。

まず見られるのは“就業しているかどうか”です。やはり無職の状態でお金を借りるというのはなかなか難しいことです。無職の場合、収入がほぼゼロなため、借りても返すための資金を捻出できないと判断されることがあるのです。審査の時にはこのように、その人がどの程度資産を有しているか、経済的な余裕が有るかを見られます。

ですから無職でも借りたいという場合にはどのように返済するかを伝えておく必要があります。また、内職などをしながら収入を得ているような場合には、会社に属してはいないものの収入があるため、借りられる可能性があります。そのことを伝えるべきと言えます。

次に見られるのが雇用形態です。やはり正社員は安定していると考えられる傾向にあり、審査を断然通過しやすいと言えます。パートやアルバイトの場合は、断られる場合もありますが、逆にパート・アルバイト専門のカードローン会社などもあります。多額のローンを組むのは難しくても、ある程度までならと貸してくれることもあります。

最後に確認されるのが事故歴です。事故歴というのは、これまでに自己破産や債務整理をした経験があるかということです。クレジットカードの未払いなどもこれに含まれます。こうした事故歴があると、返済能力が低い・責任感がないと考えられて、審査を通過できる度合いがグッと下がってしまいます。

【就業】【雇用形態】【事故歴】の3つは、申し込み前にセルフチェックしておくことをおすすめします。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.