審査の甘いカードローン会社を利用する注意

キャッシングベスト3

審査のあまいカードローンを利用するときに注意することって何?

契約時の審査が甘いカードローンは、一見すると利用しやすいように思えるんですが、それを利用するにあたって、注意しなくてはいけないことなどはありますか?私は、自分でもかなり慎重な性格だと自負しているんですが、その性格のためか、審査が甘いカードローン会社は、何か裏があるような気がして、どうしても信用しきれません。金融関係の知識に疎いので、審査が甘いということはどういった利点があるのかわかりません。
(⇒審査の甘い融資の特徴について

審査が甘いからといって金利以外で不利になることはありません

カードローンを利用するときに、確かに不自然に審査が甘いと、何かまずいことを隠しているんじゃないかと疑心暗鬼になる気持ちはわからなくもありません。中小の消費者金融などは、審査などあってないようなものですし、あっという間に借り入れの許可が下ります。そうなると、私たちにとって不利なことがあるんじゃないかと考えてしまうのも無理はありません。ましてや慎重な性格や用心深い人なら尚更不審に思うことでしょう。

しかし、そういった心配は杞憂であることが多いです。消費者金融は、はっきり言って、継続的な収入と正確な個人情報さえあれば、審査に落ちることはほとんどないのです。銀行に比べて、消費者金融の審査はもともと非常に甘いのです。審査が甘いことの利点は、多くの利用者を得ることが出来ることであって、審査が甘い=契約者に不利になる、といった図式にはならないのです。

最後に、審査が不自然に甘い場合は注意が必要です。例えば、収入がないのに、高額の借り入れがすぐに出来たりといった明らかに消費者金融側にリスクを無視した審査の甘さがある場合は、悪徳金融である可能性があります。

審査のあまいカードローンを展開する金融会社の特徴とは

審査のあまいカードローンを展開している金融会社は、特に消費者金融に多いです

消費者金融の特徴として挙げられるのは、審査基準をあまくして、カードローンで借りる額の範囲を広げているということです。その代わりに、金利を高く設定することによって消費者金融は利益を出しています。金利が高いのが消費者金融でカードローン契約をする際のネックになっていました。しかし、近年は、消費者金融においても、銀行と変わらないような金利に設定している会社もあり、絶対に銀行より消費者金融の方が金利は高いと言えるわけではありません。

銀行と消費者金融との差があまりないことを踏まえて、審査基準について説明します。審査があまいということは、年収が高くなくてもカードローン契約をできることや、勤続年数が長くなくても契約できるということです。このどちらも当てはまるのは消費者金融です。アルバイトやパートで得ている年収でもカードローン契約をできるということが売りになっていることが消費者金融の特徴なので、年収で借りる額を制限する消費者金融はあまりありません。
(⇒審査基準の本来の値について

銀行の場合は別です。借りる額によって、得ていなければならない収入は異なる為に、借りる額と収入は関わりがあります。又、一部の銀行では、ある程度の勤続年数でないと、借りることができないというシステムになっていることもあります。ここまでの説明だと、銀行よりも消費者金融でカードローンを契約する方がよいと思われるかもしれません。

しかし、銀行にも利点はあります。消費者金融よりも借りる額は多いということです。消費者金融のカードローンの上限は500万円ほどですが、銀行の場合、1000万円ほどでも可能なこともあります。ある程度の年収を得ているのであれば、カードローンで組める額は、消費者金融よりも多くなります。ですから、少額契約の場合は、消費者金融、高額契約の場合は、銀行を選ぶことをお勧めします。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2018 カードローンで迷ったら?《借りたい!》優良企業ランキング All Rights Reserved.